2月21日(水)に、「Microsoft 365 法的リスク・対策ウェビナー」を開催いたします。
本セミナーでは、猶予措置が2023年12月31日で終了した電子帳簿等保存制度を含め、J-SOX、eディスカバリーなどの様々な法制度・規制に対応するために必要な、Microsoft 365における対策、またクラウド環境に求められるバックアップ、アーカイブの使い分けをお伝えいたします。

・ウェビナー申し込みサイト  https://form.k3r.jp/tenda_msales/Microsoft365Backup2
・お問い合わせ  https://mssp.tenda.co.jp/contact/
・テンダ Microsoft 365情報発信メーリングリスト登録  https://form.k3r.jp/tenda_msales/tenda_ml2


■ 本セミナーの概要
Microsoft 365のデータ利用およびデータ保管には、以下のようなリスク・課題があります。
・誤削除やデータ損失の可能性があり、ユーザーエラーや誤削除が原因でデータが失われる可能性がある。
・セキュリティインシデントにより、ウイルスやサイバーセキュリティ攻撃によってデータが破壊される可能性がある。
・法的要件と規制準拠に対応する必要があり、データの保持、アーカイブ、ディスカバリー要件を満たす必要がある。

電子帳簿保存法は、帳簿や領収書・請求書などの保存処理に係る負担を軽減するため、電子データによる保存を認めるものです。2023年12月31日までは、電子取引であっても出力書面の保存をもって電子データの保存に代えることができましたが、この猶予措置は2023年12月31日で終了しています。2024年1月1日以降は、アーカイブ、バックアップなどによる法的対策が必須となっていますが、対応の出来ていない企業様は多くいらっしゃいます。

本セミナーでは、Microsoft 365のアーカイブ、バックアップについて標準機能の解説を行った上で、電子帳簿保存法の改正などを踏まえ課題、対策を解説いたします。早期のリスク回避に役立つ情報収集として、本ウェビナーを活用ください。

【開催概要】
 ・開催日時:2024年2月21日(水) 10:00~11:00
 ・形式: Webセミナー(Zoomを利用します)
 ・参加費: 無料

 ・プログラム
   09:45~10:00 受付
   10:00~10:05 オープニング
   10:05~10:45 Microsoft 365の電子帳簿保存法未対応はビジネスリスク(重加算税10%)、
          移行措置期限(2023/12/31)は既に終了!!
          ~対策お伝えします!!今対応し、リスクを最小限に!!~
   10:45~10:50 クロージング
   10:50~11:00 質疑応答

 ・ウェビナー申し込みサイト  https://form.k3r.jp/tenda_msales/Microsoft365Backup2
 ・お問い合わせ  https://mssp.tenda.co.jp/contact/

■ 弊社関連URL
 弊社はお客様にMicrosoft 365を最大限活用し、業務改善を実現する支援を行っています。
 コンサルティング、実装、運用、製品開発販売、製品代理販売と幅広いご支援をさせて頂いており、
 お客様のニーズに合わせた柔軟なご支援が可能です。詳しくは、下記URLをご参照ください。

  ・Microsoft 365情報発信メーリングリスト登録  https://form.k3r.jp/tenda_msales/tenda_ml2
  ・バックアップとアーカイブ(Barracuda)  https://mssp.tenda.co.jp/office365/barracuda/
  ・MSソリューションページ  https://mssp.tenda.co.jp/
  ・テンダのDX  https://dx.tenda.co.jp/