Office365を徹底的に活用し、業務改善を推進!

Office365を導入したが、使っているのはOfficeとメールのみ。
同じ費用なら徹底的に活用したほうが断然お得です。
テンダはOffice365を徹底的に活用するために必要なノウハウをご提供します。

ISSUESお客様の課題

01

ノウハウがない

ノウハウがない

Teamsは何ができるの?
Flowはどこが便利なの?
Office365が優れた情報基盤であることは理解しているが、活用方法のノウハウがないため、どのようにすればいいかわからない。

02

使いこなせてない

使いこなせてない

Office365を導入したが、使っているのはOfficeとメールのみ。
すべてのサービスを利用した場合でも、一部のサービスしか利用していない場合でもライセンス費用が同じなら徹底的に活用したい。

03

詳しい人がいない

詳しい人がいない

Office365全般に詳しい人間が社内にいない。
困ったときに詳しい人に聞きたい。

ABOUTサービスについて

支援:様々な技術を持つエンジニアチームがお客様のお困りごとを解決します。 共有:支援の中で得られたノウハウを利用する全てのお客様に開示します。 活用:開示されたノウハウを活用し、OFFICE365の利活用を促進します。

Office365利活用技術サービスは、Office365全般を対象にした技術的なサポートを提供すると共に、サポート履歴をサービス利用者に対して公開し、Office365の利活用を促進するサービスです。

ADVANTAGEテンダの強み

サポート履歴や事例を全て公開

サポート履歴や事例を全て公開

本サービスはノウハウの共有と活用を大前提にしています。そのため技術サポートの中で受けたお問い合わせとその回答、利活用事例といったノウハウを共有し、相互に活用します。

スタートアップサービスで利活用促進

スタートアップサービスで利活用促進

新たなサービスをスタートするご支援をします。ワークショップでサービスの利活用方法を一緒に検討し、プロトタイプを構築・運用する中で全社に展開する方法や運用する方法を一緒に検討します。

経験豊富な技術者がチームでサポート

経験豊富な技術者がチームでサポート

年間100件ものOffice365関連プロジェクトを実施している技術者チームがサポートします。豊富な経験に基づきお困りごとを解決するお手伝いをします。

SERVICEサービス内容

Office365利活用技術サービス

料金設定

余った時間を繰り越しもできるため、ムダは発生しません。利用目的が明確な場合はもちろん、困ったときに助けてほしい、少しづつ改善したい、といった場合にもスピーディーに活用できる「お財布」の役割を担うことも可能です。

料金設定:Office365利活用技術サービス1年契約/1時間1万円、年間30時間〜必要な分だけ契約できます/継続契約の場合余った時間は繰越できます

サービス提供時間

9:00-12:00および13:00-17:00(土日祝日および年末年始を除く)

サービス利用時間

  • サービス利用契約時間は年間30時間以上とし、10,000円/時間です。ただし情報開示ができない場合、15,000円/時間になります。
  • サービス利用時間がサービス利用契約時間に満たない場合、余った時間はサービス終了日に消滅します。
    ただし継続して本サービスを契約する場合、次のサービス終了日まで繰り越すことが可能です。
  • サービス利用時間がサービス利用契約時間を超える場合、別途追加費用( 12,000円/時間)をご請求します。
  • サービス利用時間がサービス利用契約時間を超える場合、その時点で継続契約を締結することも可能です。
  • 月10時間を超えて利用する場合は事前にスケジュールの調整をお願いします。

サポート対象

サポート対象は、Office365で提供されるサービス全般(一部3rdパーティーも含む)です。

SharePoint、Microsoft Flow、PowerApps、Exchange、Microsoft Teams、Sharefate

サポート内容

サポート内容は、リモートサポートだけではなく訪問サポートや簡単な便利機能の開発、操作研修も含まれます。サポート履歴は、ポータルサイトにおいてサービス利用企業に対して公開されます。(会社名は公開されません。)

サポート内容:ポータルサポート、リモートサポート、訪問サポート、機能開発、操作研修

サービス利用方法

1.チャットツールでご要望を連絡 2.見積時間をご連絡 3.ご承認 4.サービス提供、実績時間報告

サービス利用例

Teamsスタートアップパッケージ/120時間

Teamsを使いたい、でもやり方がわからない。そんな方にワークショップやプロトタイプ構築を通して支援します。

  • ワークショップ:3回
    • Teamsの利活用事例紹介、機能紹介、ディスカッション
    • Teamsの利活用案の洗い出し、利活用方針決定
    • Teamsのプロトタイプ~全社展開までのシナリオ検討
  • プロトタイプ構築
    • 設定項目の検討
    • プロトタイプの構築支援
    • 運用設計、ガイドラインの作成支援

Teamsスタートアップパッケージ

SharePointスタートアップパッケージ/120時間

SharePointを使いたい、でもやり方がわからない。そんな方にワークショップやプロトタイプの構築を通して支援します。

  • ワークショップ:3回
    • SharePointの利活用事例紹介、機能紹介、ディスカッション
    • SharePointの利活用案の洗い出し、利活用方針決定
    • SharePointのプロトタイプ~全社展開までのシナリオ検討
  • プロトタイプ構築
    • 設定項目の検討
    • プロトタイプの構築支援
    • 運用設計、ガイドラインの作成支援

SharePointスタートアップパッケージ

お問合せパッケージ/30時間

お問合せやポータルサイトの活用を中心とした基本サービスです。もちろん時間内であればその他のサポートを受けることも可能です。

  • お問合せパッケージ:1カ月あたり2.5時間×年間12回

お問合せパッケージ

SharePointスタートアップパッケージ/120時間

年間3回のユーザー向けトレーニングを行うパッケージです。SharePointの基本的な概念説明から始まり、簡単なリストを作成するワークショップまでを行うSharePoint基礎編等、実務で明日から使うことを想定したトレーニングを実施いたします。
また年間3回のカリキュラムを1回減らし、オリジナルのトレーニングを構築することも可能です。
新入社員が入社した時、組織改編で担当者が変更した時等、システム定着のために欠かすことができない人材育成を継続的なトレーニングによりご支援いたします。

  • トレーニング:1年間に3回

トレーニング

改善パッケージ/120時間

3カ月に1回、エンジニアがお客様先を訪問し、抱えている課題について議論し、改善方針について検討します。改善方針に従い、優先順位の高いものから四半期ごとに25時間相当の作業を実施します。課題は課題管理表を作成し、情報共有を行うため、「何を」「いつ」「どうやって」が一目でわかり、改善活動の可視化が図れます。

  • 訪問ヒアリング:3カ月に1回×年間4回
  • 改善活動サポート:3カ月あたり25時間×年間4回

改善パッケージ

運用代行パッケージ/120時間

Office365を運用する中で実施しなければならない管理業務の運用を代行します。Office365の利用状況や権限の設定状況、サイトの利用状況等を確認し、レポートにまとめ報告します。

  • 運用代行:1カ月に1回×年間12回

運用代行パッケージ

DOWNLOAD資料ダウンロード

利活用技術サービス(Office365)に関連する資料はこちら

このサービスに関連する資料はこちら

Office365利活用技術サービスは、Office365全般を対象にした技術的なサポートを提供すると共に、サポート履歴をサービス利用者に対して公開し、Office365の利活用を促進するサービスです。