第3回 Office 365 無料セミナー ( Microsoft Teams ) を開催いたしました

先日9月5日に、弊社主催「働き方改革実践セミナー」を開催いたしました。

開催内容の詳細は、昨日公開した記事もしくは弊社サービス「Dojo」のサイトをご覧ください。

【開催報告】9/5 「働き方改革実践セミナー」を大盛況のうちに開催終了いたしました
/archives/1327
https://www.tepss.com/news/article.html?No=1536210375

この中で、私中村が第1部の MicrosoftTeams について登壇させていただきました。

※セミナーで使用しましたスライドのサンプル

タイトル
「 Microsoft Teams を活用したコミュニケーションの改善」
サブタイトル
「 Microsoft Teams で業務課題を解決!」

Slack の登場でビジネスコミュニケーションの状況が徐々に変わりつつある昨今、 Microsoft 社も後発組ではありますが満を持して Microsoft Teams をデビューさせました。また、最近では無償版をリリースした事もあり、非常に話題性の高いサービスで皆様の関心度も非常に高く、2部構成のセミナーとはいえ、定員を90名に増席し満員御礼となりました。


※セミナーの様子

■デモを多めに

第1回の Microsoft Flow のセミナーでも、やはりデモが大変好評でした。クラウドサービスだからこそネットワークさえあれば簡単にデモができ、参加者様も楽しんで参加できると確信し、今回もデモを多めに用意しました。


※セミナーで使用しましたスライドのサンプル

まずは、もはや Office 365 関係の勉強会やセミナーでは恒例?になりつつある、 Office 365 のサービスのみでおこなうリアルタイムアンケートを本セミナーでも実施させていただきました( Microsoft Forms 、 Microsoft Flow 、 Power BI を使用)。特に Microsoft Teams については他社の導入状況などが気になるところです。そこで、せっかく90名近い参加者様がいらしたら、会場全体の傾向をその場で可視化できるのは興味深いと思いますし、参加者様の一体感が生まれます。

■ビジネスチャットと Microsoft Teams

次に、メールでのコミュニケーションの実態からメールの課題点を挙げました。ビジネスチャットでコミュニケーションを図るとどのように課題点を解消できるか、また、ビジネスチャット導入についての障壁・課題点などを挙げさせていただきました。


※セミナーで使用しましたスライドのサンプル

また、 Office 365 の中の Microsoft Teams の位置付けや、他のコラボレーションアプリとの使い分け、特に Yammer と Microsoft Teams の使い分けや棲み分けについての考え方を、少し変わった形で説明しました。考え方として非常にイメージしやすかったとのお声をいただけました。


※セミナーで使用しましたスライドのサンプル

■ Microsoft Teams はただのビジネスチャットではない

ビジネスチャットのサービスは多々ありますが、 Microsoft Teams の強みは Office 365 のライセンスがあれば追加費用なく有償版の機能を利用できるだけではありません。 Office 365 の様々なサービスのみならず、他サービスも含めた豊富なサービスのコネクタが用意され、それらを連携し統合して利用できるワークスペースハブとして真価を発揮するサービスであると考えます。では、それらをどのように組み合わせる事で業務課題を解決できるのか?を題材とし、実際の課題を想定した Microsoft Teams の利用シーンを想定し、多くのデモを用意して紹介いたしました。


※セミナーで使用しましたスライドのサンプル

今回デモを作成するにあたり意識した事の一つに「ノンコーディング」があります。デモを行った際に「結局難しい事しないと実現できないのか…」と思われてしまったら利活用促進の妨げになると考え、(一部 Microsoft Azure の機能を利用するなど Office 365 のみでは実現できない部分もありましたが、)デモの全てをコーディングなしで実現させております。高度なスキルセットがなくてもアイデア次第で業務効率化が図れ、ユーザー主体での働き方改革が可能である。そんなポテンシャルを秘めているのが Microsoft Teams をはじめとする Office 365 なのではないかと確信しております。

■もちろん導入時の注意点もあります

ユーザーの利活用促進という点、セキュリティ、設定などの観点から注意点も紹介いたしました。特に導入を主導するIT部門や利用促進部門の方々にとっては頭を悩ます問題も多々あるのかなと感じます。実際にそこが障壁となり導入を後ろ向きに検討されている参加者様もいらっしゃいました。

このような流れでセミナーを進めさせていただきましたが、大変ご好評をいただきました。今回日程的に参加できなかった方々からも次回開催のご要望もあり、今後同じタイトルで日を改めて開催する事も検討しております。
是非Microsoft Teams のポテンシャルを実感していただき、導入に向けて前向きに検討いただきたいと思います。また、導入したけれど利活用が思うように進んでいないとお悩みの方々に対しても是非お手伝いさせていただければと思い、弊社では以下のサービスを用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Office 365 利活用技術サービス : 徹底した情報共有により Office 365 の利活用を促進 | TENDA × MSSP Tech | 株式会社テンダ