SharePoint でリンク集を実現するには

特に社内ポータルや部門ポータルなどでよくあるニーズに「リンク集」があると思います。 SharePoint でリンク集を作成する場合に思い浮かぶのは、アプリの場合だと「リンクリスト」「注目リンクリスト」、Webパーツの場合だと「コンテンツ エディター Webパーツ」「概要リンク Webパーツ」が挙げられると思います。
この中で「概要リンクWebパーツ」に関しては、サイトコレクションの機能で「発行インフラストラクチャ」がアクティブでないと利用できない事から、環境によっては利用できないので、今回は対象外とします。

■リンクリスト

リンクリストは古くから存在するアプリです。非常にシンプルなリストで、URL列にURLとリンク名を記載し、メモがあれば書くだけでリンクが作成されます。現時点では「新しい表示(モダンUI)」では設定できませんが、「クラシック表示」であればリボンメニュー内にリンクリスト特有の「アイテムの並び順の変更」があり、並び順をソート関係なく手動で変更する事が可能です。

もちろんグループ化も可能なので、リンクが多くても整理できますね。

シンプルにテキストリンクのリンク集を作成する場合はベストなのですが、一点大事な足りない機能を挙げるとしたら新しいタブ表示(target=”_blank”)ができない点です。多くのリンク集では同タブ遷移は好まれないので、新しいタブ表示ができる機能が標準では無いのは残念ですね。

■注目リンクリスト

このリストは SharePoint 2013 から新しく追加されました。簡単にタイルリンクが作成できるので重宝されている方も多いのではと思います。リンクリストの弱点だった新しいタブ表示にも対応しているどころか、ダイアログ表示内にリンク先を表示させる事も可能です。また、並び順はアイテムの「順序」列に数字を入力する事でソートされます。

ただ、強いて弱点を挙げるとすると、基本設定でのカスタマイズ性に乏しい点でしょうか。意外と一つ一つのタイルが大きい(150px × 150px)ので場所を取りますが、このサイズは変更できません。特に社内ポータルや部門ポータルのトップページの場合は、掲載すべきコンテンツが多いと思いますので、リンク集のタイル一つ一つが大きいのは厳しいと思います。
また、1行のみで2行以上には対応していません。横幅以上にタイル数がある場合は、カルーセルUIのように矢印アイコンでスライドされます。

■力技:コンテンツ エディター Webパーツ

最終的に要件を満たすリンク集を作成するのに、コンテンツ エディター Webパーツを配置し、HTMLやCSSで実装する方法もあります。新しいタブ表示も実現でき、サイズも思い通りに変更できます。

ただ、メンテナンス性に難がありますね。まずHTMLやCSSを理解している人がいないと管理ができません。イチイチページを編集しなければいけないです。1度作成したら何年も変更する事がない場合や、HTML知らない人でも編集できるようなマニュアルを用意するなら別ですが、やはりできれば上記の2アプリのように簡単にリンクを作成・編集・削除できる方が良いです。


さて、これまで紹介してきましたが、それぞれ弱点がありました。

これを広範囲にカバーできるのがテンダ デザイン パッケージの「タイルリンク」です。

■テンダ デザイン パッケージ「タイルリンク」

デザイン パッケージ | TENDA × MSSP Tech

こちら、ベースはシンプルでメンテナンスも楽なリンクリストを利用しているので、作成・編集・削除といったリンクの管理面も楽です。
注目リンクリストの長所であった、タイルリンクの背景に画像を設定はこちらも可能です。リンクリストでは弱点だった新しいタブ表示ができない点も、こちらでは対応しています。注目リンクリストの弱点であった1行表示のみという点も、こちらでは2行以上にも対応しているので、3行3列で9個キレイに表示させるなども可能です。

つまり、テンダ デザイン パッケージの「タイルリンク」は、リンクリストや注目リンクリストの長所を残しつつ、弱点が補完されたタイル表示のリンク集を作成するには理想ではないかと思います。

社内ポータルや部門ポータルのトップページなどに、デザイン性も良くメンテナンス性も良く機能落ちしないリンク集としていかがでしょうか。

お問い合わせはコチラからどうぞ

「skybow Theme Designer」 を利用して SharePoint の見栄えをカンタンにカスタマイズ

前記事から引き続き skybow のご紹介を。
今回は「skybow Theme Designer」です。

■ skybow Theme Designer とは?

一言で表すと SharePoint のデザインをカスタマイズ出来る製品です。
技術者視点で表すと SharePoint 専用の CSS ビルダーです。

 

SharePoint の画面上に Theme Designer と呼ぶ GUI メニューが表示されますので、目的に応じて変更したい要素を選択し、色やフォントなどを変えて行きます。
※この操作はブラウザの開発者ツールと同じ操作感です。

Theme Designer で変更可能な主なプロパティはこちらです。

 

skybow Theme Designer で作成したテーマはアプリページで管理します。
※サイトコンテンツページで skybow Theme Designer アプリをクリックすると次の画面を表示します。

 

保存済のテーマの Apply アイコンをクリックすると、テーマをどの粒度で適用させるか選択が可能です。

 

マスターページ全体や、特定のページのみに適用させるなど用途に応じて設定します。
先に紹介しました「 skybow Rich Forms 」と組み合わせて、見栄えの良いフォーム画面やビュー画面を作成するなど様々な場面で応用出来ますね。

skybow はまだ他にもたくさんの製品を用意しています。
これらはすべて SharePoint を利用する企業向けビジネスアプリケーションを構築するための製品です。弊社は skybow を利用したアプリケーション構築を積極的に推進しておりますので、ぜひ一度ご検討下さい!

 
 

★skybow導入検証キャンペーンのご案内

弊社では skybow 社と連携し、skybow をご検討下さるお客様向けに『 skybow 導入検証キャンペーン』を実施しています。特別価格による skybow 製品の提供のみならず、弊社 skybow 担当エンジニアによる導入支援をセットにしたキャンペーンとなります。
ぜひお問い合わせ下さい!

→ お問い合わせはコチラから

カンタンでリッチに SharePoint のリストフォームをカスタマイズできる製品「 skybow Rich Forms 」を紹介します

はじめまして、テンダの松田です。
当ブログでは Microsoft 関連ソリューションを扱う私達から技術情報やノウハウ、事例などを発信していきます。

今回は弊社の新サービスメニューとなります「 skybow 」について、少しだけ概要を紹介します。

■ skybow とは?

skybow とは、Microsoft SharePoint や Office 365 ( SharePoint Online )上で業務アプリケーションを構築するプラットフォーム製品です。同種の仕組みとしては InfoPath や、最近ですと PowerApps や Microsoft Flow などが挙げられます。

SharePoint Online をお使いであれば SharePoint ストア から試用版のダウンロードが可能です。

今回は2015年に Best Performing SharePoint Add-in となった「 skybow Rich Forms 」について紹介します。
※ skybow Rich Forms の前身が Ardevia Rich Forms とのことです。

■ skybow Rich Forms

skybow Rich Forms は、SharePoint リストフォームをカスタマイズする製品です。コントロールを自由に配置したり、JavaScript を使用した処理を追加することが出来ます。

アプリをインストールすると、リボンに skybow Rich Forms のメニューが表示されます。ドラッグ&ドロップでコントロールを配置する様子は InfoPath などと同じです。
※私はリストの列項目を画面右部の余白にカンタンに寄せられるだけで感動してしまいました。

1行テキストコントロールを横長にすることも可能です。

フォーム上の各種処理は Behaviour 機能を利用します。これらは JavaScript を用いて実装します( jQueryも利用可能です)。
InfoPath のルールはこの機能で実現出来ますね。

いかがでしたでしょうか。今回はここまでで、次回は簡単にテーマをリッチにデザインする事が可能な、skybow Theme Designer を紹介します。

★skybow導入検証キャンペーンのご案内

弊社では skybow 社と連携し、skybow をご検討下さるお客様向けに『 skybow 導入検証キャンペーン』を実施しています。特別価格による skybow 製品の提供のみならず、弊社 skybow 担当エンジニアによる導入支援をセットにしたキャンペーンとなります。
ぜひお問い合わせ下さい!

→ お問い合わせはコチラから